top of page
  • 未生流東重甫

12月の花:歯朶(ウラジロ)


お正月の注連縄や鏡餅には必ず、時には門松にも用いられている歯朶(うらじろ)ですが、なぜ用いられているかといえば難しいものです。 伝書には、事始めの花として白梅に歯朶と紹介されています。そこで、今年が終わり一足早く新しい年を迎える日の花として今月は歯朶を紹介します。

シダ植物は歴史も古く、種類もヒカゲノカズラ、ワラビ、マツバラン、トクサ、ゼンマイ、タニワタリなどの種類に分類されます。歯朶はシダ植物門、シダ網、ウラジロ科、ウラジロ属、ウラジロ種に属するシダで、英名 Gleichenia japonica Spr、和名をウラジロといいます。なお、ウラジロ科は、フサシダ科と共に起源の古い原始的な科であるとされています。 地下茎は細くて強い為、大きな群落を造り易く、本州東北部以南に分布しています。海外ではアジアの熱帯域まで分布しており、何段にも葉を出し、時に10mに達するほどの大きさになります。 葉の表は艶のある深緑色ですが、裏は白い粉を拭いたように白っぽい緑で、歯朶の名はこれに由来します。二又に大きく分かれた葉身が垂れ下がり、この姿から古来シダといえばウラジロを意味していたようです。

長寿を意味する「齢垂れる(しだれる)」にかけて年始の祝いに用いられるようになったとも、裏が白い、つまり共に白髪が生えるまでと解釈されたともいわれています。ウラジロ科の葉軸は丈夫でしなやかなので、編んで壁材や篭などの工芸品に利用する事が分布域で広く見られます。

<いけばなと歯朶> 特徴のある葉の出方をしているので、その葉を利用してお正月の花をアレンジに使用することもあります。また、格花(流儀花)の四季祝日の花の心得に説明があり、「事始」の花に白梅と二種でいけます。 傘を広げたように、葉身は横に開いて出ますので特徴でもある裏の白っぽい所を見せていけるのは難しいですが、工夫して愉しんで頂きたいものです。 取り合わせは自由に、金柑の実やアンスリュウムの様に質感や形の違うものと合わせると楽に表現できます。

自然手法より一工夫加えた造形手法でいけたいものです。

photo by harum.koh on Flickr

最新記事

すべて表示

第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年4月 第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 今年の4月は特に未生流支部展が多く催されています。花展とは、支部のお祭りのようなところもありますので作品は何時も愉しく拝見しています。特に、新花や造形は時代の流れの中の一コマで、作品に対する表現のおもしろさがありますが、格花はそうはいきません。花展で学ぶのではなく、日頃の研鑚を発表する場でもあります。形は技術を学ぶ事が出来ればある程度許され

第1 回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年3月 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 未生流の伝書は、「三才の巻」、「体用相應之巻」、「原一旋転之巻」、「草木養の巻」、「妙空紫雲の巻」、「規矩の巻」そして門外不出の「匂いの巻」と全部で7巻ありますが、匂いの巻までの伝書6巻は師範の免状取得までに拝受することができます。未生流でいけばなを始めてすぐに入門・初伝と拝受すると、「三才の巻」を拝受します。師範にいたるまでに6巻の伝書を拝受し、

2024年2月のコラム

「今月のコラム」を書き始めて気づけば14年の歳月が過ぎていました。時が過ぎるのは早いものです。長い年月進めてきたという自覚は無いに等しいのですが、昔のコラムを読み返してみると聊か感じるものがあります。継続は力なり、と良く言われますが、14年もの長きにわたって続けることができたのは一重に支えてくれる協力者だけでなく、読者皆様のおかげです。この場を借りて感謝を伝えたいと思います。ありがとうございます。

bottom of page