• 未生流東重甫

3月の花:春蘭(シュンラン)


今月は春に咲く蘭、春蘭(しゅんらん)を紹介します。 春蘭は、単子葉植物ラン科、セッコク亜科シュンラン属多年草で学名はCymbidium goeringii、別名にホクロ・ジジババなどがあります。この名前の由来は諸説あり、花の形からきたとも言われています。また、花言葉には気品・清純があります。 春蘭は、一般的に東洋蘭の一種で、中国から渡来した蘭が主の栽培種ですが、日本に自生している蘭も多く、日本春蘭として区別されるようになったのは明治時代以降です。 葉は、根出葉(こんしゅつよう:葉が地表からでるもの)で硬めで細長く、若い葉は立ち上がり、その後成長すると垂れて曲線を描くような葉になります。この直立する葉と曲線を描く葉が交差する性質をとらえ、映し出したのが南画(なんが:江戸時代中期以降の画派・画様の用語。文人画。)であり、この姿を未生流では鳳眼(ほうがん)と称し、春蘭をいける時は必ず形作ります。ちなみに、南画の画題「四君子 竹・梅・菊・蘭」の中の一種で、黄山谷(おうさんこく)が愛した花とされており、広く文人墨客にも愛された植物であることから着物や陶器の図柄にも多く用いられています。 花は、3月から4月に向かい合う葉の横から花茎を伸ばし、先端に花を付けます。1花が普通ですが、2花か3花つけるものもあります。普通種の花は白く、花弁の先端に濃赤紫の斑点がはいります。山草や東洋ランとして栽培種も多く出回っており、斑点の無い素心(そしん)系や、赤花系などがあります。 古くから身近な山にありふれた野生の蘭であり、太い根を蒸すまたは焼いてひび、あかぎれの手当てに用いていました。 また、花は茹でて酢の物に、あるいは塩漬けにしたものは「蘭湯」としてお祝い事に、その他蘭茶や吸い物に使います。 <いけばなと春蘭> 未生流では、伝書「体用相応の巻」に『段取り物・藺物・数挿け物(かずいけもの)・軸付葉物(じくつきはもの)・葉物・長葉物』として、草花の生育状態で分けて説明がされていますが、その中の杜若や水仙と同じ長葉物として蘭について以下の説明がされています。 五葉一花の挿け方は、用(よう)に皮肉骨の備わりたる(反りの有)葉を入れ、添えに直なる葉を入れる。この二葉にて鳳眼を取る。体(たい)に勢い強気葉を入れ、添えにひらりと後ろへ返りたる葉を遣い、留(とめ)に直なる葉を入れ、体添えの葉と鳳眼を取る。 このいけ方が蘭の葉の特徴をとらえた表現であり、南画の手法から取ったものです。 一般的に、草花の数え方は一株(ひとかぶ)、二株(ふたかぶ)ですが、蘭の場合は、他の草花とことなり一株を一篠(ひとしの)、二篠(ふたしの)と数えます。また、水仙は一元(ひともと・いちげん)、二元(ふたもと・にげん)と数えます。同じ長葉物でも数え方がそれぞれ異なるのは興味深いです。 なお、春蘭はあまり大きく成長するものではありませんので、器も春蘭に合ったものを選び大切に扱っていけて下さい。

flower_syunran.jpg

#花に寄せて #今月の花

最新記事

すべて表示

NHKカルチャーラジオ講座:『花の文化と季節の行事』開催決定!

いけばなと日本の文化、花のある生活のミニ知識もお教えします 日常生活に溶け込んでいる花と日本文化の関係を、特にいけばなを通じて背景や意義などをお話しします。 古来、花と日本人はどのような関係だったのか。桜には春、山から降りてくる「田」の神様が宿ると信じられており、桜の花の咲き方で農作物の収穫を占ったり、開花時期に合わせ稲の種まき準備を行うなど、農民にとり桜はとても大切なものでした。室町時代にはいけ

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧15

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧15 2021年5月のコラム 何をしていても、過ぎゆく日をどのように感じても、日々は過ぎていきます。なかなか待ってくれないなぁ、とこんな思いでもう新緑の5月を迎えました。そしてやはり植物は「上手く自分を生きているなぁ」と感じてしまいます。 自分が自分らしく生きることは難しいもののようです。別に急ぐ訳ではありませんが、まだまだ自分らしさを追っかけ、ひた走るしかないのでしょ

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧14

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧14 2021年4月のコラム 今年も早いもので4月を迎えます。3月が卒業、退職といった別れの月なら、4月といえば入社、入学、始まりの月です。新春、正月ではなく、なぜか2021年度の始まり、夢多き生活の始まりです。 この1年は今までに比べて自分の時間を少し持てたのではないかと思います。ただ時間が欲しくて都合をつける時間と、現状の余裕ある時間では、時間自体の持つ意味が違って