top of page
  • 未生流東重甫

2月の花:福寿草(フクジュソウ)


今月は福寿草(ふくじゅそう)を紹介したいと思います。福寿草は、キンポウゲ科フクジュソウ属に属する多年草で、学名はAdonis ramosa Franchです。また、元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名を持っており、青森や岩手ではマングサ、ツチマングサと呼ぶ地域もあり、これは「土から先ず咲く」の意味です。 花言葉には幸福、永久の幸福、祝福、回想や悲しき思い出等があります。 日本では、北海道から九州の山林に分布し、生育します。花期は初春2月から3月中旬まで、黄色い3~4cmの花を咲かせます。当初は花茎が伸びず、短い茎の上に花だけがつき、徐々に茎が伸び葉も出てきます。この花は花弁を使って日光を花の中心に集め、その熱で虫を誘引しています。そのためか太陽の光に応じて花弁が開閉(日に当たると花が開き、日が陰ると花が閉じる)します。 春を告げる花の代表であり、古典園芸植物に属している園芸品種も多く、正月には藪柑子などと寄せ植えして縁起飾りとする風習があります。福寿草という和名も新春を祝う意味があります。 根には、強心作用・利尿作用があり民間薬として使われることがありますが、毒性も強いため、素人の利用は死に至る危険な行為です。また、地面から芽を出したばかりの頃は、蕗の薹(ふきのとう)と間違えて食べ、中毒を起こすので要注意です。 <いけばなと福寿草> 伝書三才の巻に、

節分は、榊に福寿草を応合(あしらい)挿ける。尤(もっと)も、根を切る事悪し

とあり、伝書体用相応の巻には、

福寿草は薄広口に石を飾りて一色挿ける事もあり。又は白梅の応合にも遣う。何(いず)れも白根を見せて遣うなり。その名芽出度き故なればなり

とあります。これは、根の扱いがポイントで、実際、福寿草は根がよく発達しているため、根を大幅に切り詰めると開花後すぐに衰弱しています。 とはいっても、根をすべて残していけるとあまり美しいものではありませんので、扱う際には注意が必要です。鉢植え等にする場合はなるべく大き目の鉢を選ぶと良いでしょう。また、春を告げるめでたい花として無闇に取り扱うことは避けたいものです。

(photo by TANAKA Juuyoh on Flickr)

最新記事

すべて表示

第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年4月 第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 今年の4月は特に未生流支部展が多く催されています。花展とは、支部のお祭りのようなところもありますので作品は何時も愉しく拝見しています。特に、新花や造形は時代の流れの中の一コマで、作品に対する表現のおもしろさがありますが、格花はそうはいきません。花展で学ぶのではなく、日頃の研鑚を発表する場でもあります。形は技術を学ぶ事が出来ればある程度許され

第1 回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年3月 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 未生流の伝書は、「三才の巻」、「体用相應之巻」、「原一旋転之巻」、「草木養の巻」、「妙空紫雲の巻」、「規矩の巻」そして門外不出の「匂いの巻」と全部で7巻ありますが、匂いの巻までの伝書6巻は師範の免状取得までに拝受することができます。未生流でいけばなを始めてすぐに入門・初伝と拝受すると、「三才の巻」を拝受します。師範にいたるまでに6巻の伝書を拝受し、

2024年2月のコラム

「今月のコラム」を書き始めて気づけば14年の歳月が過ぎていました。時が過ぎるのは早いものです。長い年月進めてきたという自覚は無いに等しいのですが、昔のコラムを読み返してみると聊か感じるものがあります。継続は力なり、と良く言われますが、14年もの長きにわたって続けることができたのは一重に支えてくれる協力者だけでなく、読者皆様のおかげです。この場を借りて感謝を伝えたいと思います。ありがとうございます。

bottom of page