• 未生流東重甫

1月の花:若松


未生流ではめでたく新年を迎える花として、元日は若松、2日は伐り竹(きりたけ)、3日は梅をいけてお正月の三が日を祝います。 特に元日は、五節句の日とも考えられていることから、若松を七五三(しめ)の伝でいけます。七五三の伝とは、注連縄(しめなわ)飾りの藁の節を三・五・七と付けた物を飾る所からその数を当て、七五三を「しめ」と称していけばなとの融合を計りました。七五三の伝としていけられるのは、松・竹・梅・万年青(おもと)くらいです。 この若松のいけ方は、その数字に意味を持たせ、7は水引(みずひき)七把の七、5は五体生ずとして体の前添えの新芽を五体に見立てての五、3は体・用・留がそれぞれ陰陽を一対として三対の三として「七五三」とします。 なお、若松は結婚式にも用いられる花で、この場合は七把の水引が腹帯を意味する事もあります。高位高官の方の結婚式には若松・竹・梅それぞれの七五三の伝いけを一つにまとめて「松竹梅」をいけます。 いける際に使用する若松は、3年か4年物の若松で葉があまり長くなく、先端部が平らに近いもので、多めの葉が長くついている物が良いです。ちなみに私は愛媛産の物を使っています。 いけ方は伸びやかで曲を感じない様にします。 7本いけますので足元は用・用添え・留の3本が揃っている事が望まれます。 水引は金銀の水引で、器の口から10cm位の所に結びます。 形は、相生結び(あいおいむすび)皿受け形とし、この凛とした感じが他の流派には無い良さを持っています。青竹の器にいけるとより新年の格調を感じます。他に薄端や銅製の寸渡(ずんど)などにいけて床の間に飾ると格調高くなります。 正月を迎えるに当たりやはりいけたい花の代表です。

flower_wakamatu01.jpg

#今月の花 #花に寄せて

最新記事

すべて表示

「華道玄解」 荒木白鳳著 閲覧28 2022年8月のコラム 8月に入り、連日異常な暑さが続いている日本列島ですが、この気候とは裏腹に、今年は8月7日から24節気では立秋にあたります。立秋前の18日間が雑節の土用で、今年の土用の丑の日は7月23日と8月4日の2度あり、いわゆる鰻を食す日があります。土用に鰻を食すようになったのは江戸時代から、と言われていますが、実は古く万葉集にも夏バテに鰻を食すことが

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧27 2022年7月のコラム 今年は久し振りに夏の京都の風物でもある祇園祭が開催されるようです。京都に住んでいると当たり前のような光景も、遠くの人には魅力のある祭りの1つだそうです。確かに「コンコンチキチン コンチキチン」とお囃子が流れると、懐かしくお祭り気分に浸れます。例年であれば宵々山、宵山と街中が人であふれるのですが、今年はどんな規模で催されるかは解りません。 随