top of page
  • 未生流東重甫

2023年を迎えて

 新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。


 今年の干支は癸卯(みずのとのう)ですがみなさんの干支は何でしょうか。実は、私は講義の中で頭の休憩として「あなたの干支は?」と尋ねることがあるのですが、大概は12支の子や丑といった動物だけで答えてくれますので講義が和やかになります。

 干支とは、字の如く十干十二支を言いますので、正しくは甲子(きのえのね)、乙丑(きのとのうし)などと答えます。今年61歳を迎える方たちは癸卯になり、還暦といいます。易においても重要なところかもしれません。


 毎年新年にあたり、今年は、今年こそは、などと考えている人は多いと思います。新年の元旦を迎えるとはいえ、大晦日のあくる日が元旦で、日々の変化と変わることはありませんが、年に一度改まった日を迎える、迎えられることに感謝はします。

子供の頃のように、何か別の世界が待っているような気になることはもうありませんが、自分を引き締める思いで迎える節目の日としては受け止められます。


 今年も新たに直面するであろう未体験の事に出会えることを念頭に描きつつ、新しい年に踏み入れた以上しっかり前に進む思いです。荀子(紀元前3世紀ごろの儒学者)が次のように説いています。


「道は近しといえども 行かざれば至らず」 


 何事も始めなければ達成しません。今年も過去を糧として、先ずは前を向いて進みたく思います。

皆様も、後悔を恐れず前を向いて一日半歩でも良いので進んでいただきたいと思います。

                         

令和5年1月吉日

未生流 東 重甫

最新記事

すべて表示

2024年の新春を迎えて

令和6年能登半島地震において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。 新年早々の心痛む震災や事故があり、震撼する出来事で被災された方達を思うと、新年の祝詞が少し難しい気がいたしますが、新年を迎えるのは、日頃と同じで爽やかな朝を迎える思いです。 例年と同じく、1月2日には書き初めをしました。今年の書き初めは「但尽凡心」、”ただ凡心を尽くすのみ”安岡正篤『

2023年を振り返って

師走恒例の慌ただしく感じる思いを楽しむことが出来ています。 今年を振り返ると毎年ではありますが、「今年始めての体験」という事がありました。いつの年も何かしら新しいことに挑戦できていることはありがたいことです。私一人では到底出来得ないことも、周りの人達に助けられてではあるが前に進んでいる気がします。 年の初めは、そろそろ恒例になってきています家族11名での長岡天神での書き初めからでした。思い思いの言

2022年を振り返って

今年も慌ただしい師走を快く迎える事が出来ました。確かに何かにつけ忙しく感じますが、何だかホッとしています。 年始にもご紹介しましたが、安岡正篤氏曰く「忙しいと云う字は、心を失うと書く。心を失っては駄目である」という戒めの言葉があります。おおよそ忙しいと周りの見える範囲が常より狭くなります。しかしこの状況を喜べば嬉しい悲鳴に変わるものです。未だ身体が動くこともあり、新しい年を迎える準備は忙しいという

Komentáře


bottom of page