top of page
  • 未生流東重甫

2021年(令和3年)を迎えて

今年は辛丑(かのとうし)の歳、私が己(つちのと)丑歳生れであるから十二支の六巡目も誕生日のある五月で終えます。今時あまり聞かない年の数え方ではありますが、陰陽五行の組み合わせで60年周期の中の辛丑の歳にあたります。


 五行の木・火・土・金・水(もく・か・ど・ごん・すい)のそれぞれの陰陽と十二支の組み合わせで今年の干支が決まります。木火土金水の陰陽とは、「甲乙、丙丁、戊己、庚辛、壬癸」であり、十二支と組み合わせると、子、寅、辰、午、申、戌は陽の甲、丙、戊、庚、壬との組み合わせに也、丑、卯、巳、未、酉、亥は陰の乙、丁、己、辛、癸との組み合わせになります。甲の丑卯巳未酉亥の組み合わせはあり得ない事になります。つまり、10と12の最小公倍数60が周期で「還暦」となります。(詳細はHPのコラムにある五行のコラムを参照ください)

 今の時代では還暦を迎えても珍しくもなく、またそこまで目出度くはありませんが、節目ではありますので是非祝ってあげてください。


 毎年新しく迎える年への期待とか自分への望み等考えますが、このご時世ではそれも難しいように思うかもしれません。しかし、自分は自分でしか動かせない。昨年迄に培った経験を活かし今年1年を昨年以上に有意義な1年にしたいものです。

 経験の積み重ねで自身の過去を創っていく。素晴らしい時やほろ苦く観じる時など多くの時間が過ぎていったが、全てが過ぎゆく過去の現実で象られたものです。

 今年も素敵な過去を創る時間を与えられた以上、有意義に遣いたいです。


 今年の暮れには、私にとって今までに無い経験や時間の流れに感謝する事であろうと思う、いやそんな日を迎えられるように日々楽しみたいと思います。皆様も、ぜひ素敵な過去創りに楽しく取り組んでください。

 今年1年が良かったと思える歳の暮れが来ますように祈念いたします。

                                             令和3年1月吉日

未生流  東 重甫


最新記事

すべて表示

2024年の新春を迎えて

令和6年能登半島地震において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。 新年早々の心痛む震災や事故があり、震撼する出来事で被災された方達を思うと、新年の祝詞が少し難しい気がいたしますが、新年を迎えるのは、日頃と同じで爽やかな朝を迎える思いです。 例年と同じく、1月2日には書き初めをしました。今年の書き初めは「但尽凡心」、”ただ凡心を尽くすのみ”安岡正篤『

2023年を振り返って

師走恒例の慌ただしく感じる思いを楽しむことが出来ています。 今年を振り返ると毎年ではありますが、「今年始めての体験」という事がありました。いつの年も何かしら新しいことに挑戦できていることはありがたいことです。私一人では到底出来得ないことも、周りの人達に助けられてではあるが前に進んでいる気がします。 年の初めは、そろそろ恒例になってきています家族11名での長岡天神での書き初めからでした。思い思いの言

2023年を迎えて

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年の干支は癸卯(みずのとのう)ですがみなさんの干支は何でしょうか。実は、私は講義の中で頭の休憩として「あなたの干支は?」と尋ねることがあるのですが、大概は12支の子や丑といった動物だけで答えてくれますので講義が和やかになります。 干支とは、字の如く十干十二支を言いますので、正しくは甲子(きのえのね)、乙丑(きのとのうし)

bottom of page