• 未生流東重甫

2019年、平成31年・令和元年を振り返って


2019年、平成31年・令和元年を振り返って

令和元年に元号が変わってすぐに古希を迎えました。1年が過ぎる速さは、当然毎年同じなのですが、いざ今年を振り返ってみると例年に比べて長く感じる1年でした。具体的に何かを成し遂げた、達成した、という実感はないので不思議なものです。

いけばなに携わってから早くも50年が過ぎました。教えることができる師範の免状を取得してから40年余り、その後本当の意味で人様に教えるようになって25年、四半世紀が経ちました。1年を振り返るためのこのコラムを書きながら改めて時間の過ぎる早さに驚きながらも、はたしてこれまで自分がやってきたことの意義について自問自答を繰り返す日々です。手前味噌ではありますが、古希を迎えてもまだ向上心はあるようです(笑)

いけばな界だけでなく、あらゆる業界の課題だとは思いますがいわゆる教育者が少なくなってきているのではないか、と一抹の不安を覚えることがあります。残念に感じる時もあります。これは自戒の意味も込めてですが、せめて伝統を受け継いでいるいけばな文化においてはそうであってはいけない、と常々考えています。

移り変わりの早い今の時代を生き、かつ200年の伝統を次の200年後に導くことを常に意識していないと臨まないと近未来さえ危ういのではないでしょうか。いけばな界に何が足らなかったのか、何が足りないのか、そしてこの世情に必要なものは何であるかを考え行動に移さなくてはならないのではないでしょうか。    

いけばなが「華道」、つまり「道」であることを今一度考え、新しい改元である令和の時代に恥じることがないよう一歩一歩と丁寧に進むようにしたいものです。

年の瀬になると慌ただしく、1年を振り返ってみると積年のテーマである「泰然自若」の心には程遠いのも毎年のような気もしますが、その心に近づく努力を忘れず、新たな希望の年を迎えたく思います。

今年1年お付き合い頂いた事を感謝いたしますと共に、輝かしい新年を迎えられます事を祈念いたします。

2019年12月吉日

東 重甫

#挨拶

最新記事

すべて表示

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 今年の干支は壬寅(みずのえのとら)です。十干の壬(みずのえ)は、五行の木・火・土・金・水のうち、水の陽であり、甲(きのえ:木の兄)、乙(きのと:木の弟)の概念から、兄弟でいう兄といわれ 、河川の水や井戸の水など自然界の水とされます。また、十二支の寅は、五行の五神では西の守り神白虎に通じます。清く活きた水と西の守り神白虎とでコロナ退治

今年もいよいよ年末を迎え、無事このコラムを書く日を迎える事が出来ました。感謝です。昔を振り返らず、毎年、毎日私にとっての初めの一歩を踏み出しています。長く歳を重ねて参りました中でも、流石に思い出深い1年であった事には違いありません。 良きにつけ悪しきにつけ、この1年を振り返ってみると、色でいえば晴れ晴れとした空の色を思います。その青空にゆっくりと身を任せて浮遊する雲のような心地よさを感じます。年の

今年は辛丑(かのとうし)の歳、私が己(つちのと)丑歳生れであるから十二支の六巡目も誕生日のある五月で終えます。今時あまり聞かない年の数え方ではありますが、陰陽五行の組み合わせで60年周期の中の辛丑の歳にあたります。 五行の木・火・土・金・水(もく・か・ど・ごん・すい)のそれぞれの陰陽と十二支の組み合わせで今年の干支が決まります。木火土金水の陰陽とは、「甲乙、丙丁、戊己、庚辛、壬癸」であり、十二支と