top of page
  • 未生流東重甫

11月の花:万年青(オモト)


気が付くと今年も残り少なくなりました。もうお正月の花の準備に入っていますが、やはり年に一度の事、同じ花材を重ねて稽古する事が必要です。

私の教室では、毎年全員が若松と万年青の中でも特に特徴のある「大宗観(たいそうかん)」を七五三の伝でいけており、今年も例外なく我儘な動きをする大宗観を満喫する予定です。そこで今月の花で万年青(おもと)を取り上げてみたいと思います。

万年青は、単子葉類、スズラン科(ユリ科とされていた)、オモト属に分類される常緑の多年生草本で、学名はRohdea japonica Rothです。別名には大本や老母草、百年青、烏木毒、蘆藜、藜蘆(未生流伝書四方の薫)、岩蘭、ししのくびき、辛抱草、等があります。

万年青栽培の歴史はとても古く、徳川家康が江戸城に初めて入城した際、臣下より献上された縁起の良い品として、今でも縁起草とも引っ越し万年青ともいわれています。

万年青は、日本の代表的な観葉植物のひとつであり、先述のとおり栽培の歴史も古く、数多くの園芸品種が生み出されています。中国名の「万年青」が示すとおり年中濃緑色の光沢のある厚い葉をつけ、重厚感のある風格を持ちます。

1931年に日本万年青聯合会(のちの日本万年青連合会)、現在は公益社団法人日本おもと協会が新品種登録や栽培啓蒙を行っており、その公認品種は500種を超えています。また、1799年には、園芸品種として現存している都の城、古今輪、都獅子を始め、79品種に品種名を付けた印刷物が出ていますが、市場に出回り稽古や花会に使える品種は限られています。

葉の特徴の中で、形や厚み、大きさや斑(ふ:葉に白くなる部分がでること)の形や色の変化があり、これが観賞点の1つでもあります。都の城、大宗観、曙他、斑入りの違う品種があり、戦後は都の城が多く用いられていました。古書を見てみますと、意外とうねりのある大きめの葉が描かれていて、これは今の大宗観といわれるものでは無いかと思います。光沢のある濃緑色で厚みのある葉は60cm程の長さがあり、現在よく挿けられる都の城という品種より大きめで荘厳な感じさえします。ちなみに、一般的にお稽古やお祝い、お正月の花には都の城が用いられます。

<いけばなと万年青> 未生流では、伝書体用相応の巻の「葉物十種組み方の心得」で、岩蕗、擬宝珠、芭蘭などが説明されている中で十種目に万年青があり、以下の説明があります。

万年青の出生は始めに二葉陰陽と組みて出で又中より陰陽と組みて出る。この四葉東西南北を挿して開く、その中より三葉生じ一体に七葉定まりて花を生ず。これに依って挿花にあいする時も、七葉に実一本添えて組む。…中略…大広口に挿ける時は種々の万年青を取り交ぜ五株、七株も挿すなり。(以下略)

万年青に季節の華奢な花を応合うのも良いものですが、芽出度く七五三の万年青をいけて床に飾りたいものです。風格のある姿の中に、赤い実をかばうように配す姿は心温まる思いがします。

最新記事

すべて表示

第3回 未生流傳書三才の巻  《序説 注釈〈一〉》 

2024年5月のコラム 三才の巻序説には、初めて読むには難解な言葉が散見されます。元来、伝書は技術・思想共に学ばれた方に与えられるものでしたので自ずと伝書の用語も難解となっていたわけです。現在は教授者により免状を取得する事が出来るため、どうしても学ぶ時間が少なくなっているのではないかと懸念しています。まずは言葉の意味を知る必要があり、一読し、言葉の意味をある程度解すようになってから再度一読し、目に

第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年4月 第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 今年の4月は特に未生流支部展が多く催されています。花展とは、支部のお祭りのようなところもありますので作品は何時も愉しく拝見しています。特に、新花や造形は時代の流れの中の一コマで、作品に対する表現のおもしろさがありますが、格花はそうはいきません。花展で学ぶのではなく、日頃の研鑚を発表する場でもあります。形は技術を学ぶ事が出来ればある程度許され

第1 回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年3月 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 未生流の伝書は、「三才の巻」、「体用相應之巻」、「原一旋転之巻」、「草木養の巻」、「妙空紫雲の巻」、「規矩の巻」そして門外不出の「匂いの巻」と全部で7巻ありますが、匂いの巻までの伝書6巻は師範の免状取得までに拝受することができます。未生流でいけばなを始めてすぐに入門・初伝と拝受すると、「三才の巻」を拝受します。師範にいたるまでに6巻の伝書を拝受し、

bottom of page