top of page
  • 未生流東重甫

8月の花:秋明菊(シュウメイギク)


暦の上では7月に秋を迎え、8月は秋真最中ですが、連日酷暑が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

旧暦と新暦の間でのいけばなは花材調達に難しい所があり、実際、新暦の七夕に秋の草花を揃える事はなかなか出来ません。とはいえ、灼熱の太陽が照りつける中、秋草を思うと涼しい気分になるかも知れません。そこで今月は名前から秋の美しい花を連想させてくれます秋明菊(しゅめいぎく。秋牡丹ともいいます)を取り上げてみたいと思います。

春に美しく咲く百花の王である牡丹、雪や霜から守るための薦で覆って花を咲かせる寒牡丹、冬に咲かせるように養う冬牡丹、野に咲く野牡丹などよく耳にしますが、秋牡丹はあまり耳にしません。未生流伝書四方の薫の8月の部の花で秋牡丹が「品良く挿けて善し」と紹介されていますが、名前とは違うようです。

秋明菊は、被子植物門、双子葉植物網、モクレン亜網、キンポウゲ目、キンポウゲ科、イチリンソウ属、シュウメイギク種に属する多年草です。学名のAnemone hupehensis var.japonica.からわかるとおり、名前には菊が付きますがアネモネと同種の様です。また、別名には秋牡丹、貴船菊、しめ菊、紫衣菊、加賀菊、越前菊、唐菊、高麗菊、秋芍薬、等々多くの名前を持っています。花言葉は忍耐です。

長く伸びた花茎の途中の節に葉と数輪の花茎を出し、花は赤紫色ですが、他種との交配品種が出回っており、弁数が少ない品種や白花の品種が多く栽培されています。

秋明菊は、古くに中国から渡来し、帰化植物になっています

中国明時代末期「三才図絵」に秋牡丹の名前で記載されています。

「三才図絵」とは、中国明時代の王圻(おうき)著、日本でも江戸時代「和漢三才図絵」が編纂されています。三才図絵は、百科事典で天文4巻、地理15巻、人物13巻、時令(暦他)4巻、宮室(宮、殿、堂他)4巻、器用(壺、武器、楽器他)12巻、身体7巻、衣服3巻、人事(書、画、武芸他)10巻、儀制(王宮、祭礼)他8巻、珍宝2巻、文史4巻、鳥獣6巻、草木12巻以上の102巻からなります。

<いけばなと秋明菊>

一般的には4弁か5弁の白やピンクの花が出回っています。花首が細く、水揚げが難しいですので煮沸やミョウバンを塗布します。

秋草を数種いける際、その一種として使ったり、一種挿けにしたりと使い道は多くあります。

花言葉ではありませんが、挿け上げた品の良い姿は何かを耐え忍ぶ姿なのでしょうか。

最新記事

すべて表示

第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年4月 第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 今年の4月は特に未生流支部展が多く催されています。花展とは、支部のお祭りのようなところもありますので作品は何時も愉しく拝見しています。特に、新花や造形は時代の流れの中の一コマで、作品に対する表現のおもしろさがありますが、格花はそうはいきません。花展で学ぶのではなく、日頃の研鑚を発表する場でもあります。形は技術を学ぶ事が出来ればある程度許され

第1 回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年3月 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 未生流の伝書は、「三才の巻」、「体用相應之巻」、「原一旋転之巻」、「草木養の巻」、「妙空紫雲の巻」、「規矩の巻」そして門外不出の「匂いの巻」と全部で7巻ありますが、匂いの巻までの伝書6巻は師範の免状取得までに拝受することができます。未生流でいけばなを始めてすぐに入門・初伝と拝受すると、「三才の巻」を拝受します。師範にいたるまでに6巻の伝書を拝受し、

2024年2月のコラム

「今月のコラム」を書き始めて気づけば14年の歳月が過ぎていました。時が過ぎるのは早いものです。長い年月進めてきたという自覚は無いに等しいのですが、昔のコラムを読み返してみると聊か感じるものがあります。継続は力なり、と良く言われますが、14年もの長きにわたって続けることができたのは一重に支えてくれる協力者だけでなく、読者皆様のおかげです。この場を借りて感謝を伝えたいと思います。ありがとうございます。

bottom of page