• 未生流東重甫

2015年を迎えて


2015年を迎えて

皆様、新年あけましておめでとうございます。2015年、輝かしい年の幕開けです!今年という未知の世界にまた一歩踏み込みました。

今年がどのような年になるのか楽しみです。自分自身が創り出す事の出来るものなら目標や夢がそこにありますが、ままならないのが時の経過です。今が過去になっていく、しかしそこに自分なりの足跡を残す事が出来ているのか、と時々思うことがあります。その度にこの様にして終えたくない、終えない様にしなくては!と考えるより前向きに生きよう!と自信を鼓舞するようにしています。楽しかった、有意義であったと年の最後に思えるような1年を元旦から創り始めています。

そして今年のモットーはやはり去年同様「泰然自若」です。なかなか自分のものにならないこの言葉がどことなく好きです。自分が無になる事で見えるものも増えてきます。大きな社会の中のいろんな生き様を見聞きし、この年齢でなお感動を覚える事もしばしばあります。歳を経て感じる事の幅がわずかかでも広がってくれている事を信じ、美しい年輪を創りたいものです。ともあれ、今年も楽しい事の積み重ねを目標に生きましょう!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2015年1月吉日 東 重甫

#花に寄せて #挨拶

最新記事

すべて表示

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 今年の干支は壬寅(みずのえのとら)です。十干の壬(みずのえ)は、五行の木・火・土・金・水のうち、水の陽であり、甲(きのえ:木の兄)、乙(きのと:木の弟)の概念から、兄弟でいう兄といわれ 、河川の水や井戸の水など自然界の水とされます。また、十二支の寅は、五行の五神では西の守り神白虎に通じます。清く活きた水と西の守り神白虎とでコロナ退治

今年もいよいよ年末を迎え、無事このコラムを書く日を迎える事が出来ました。感謝です。昔を振り返らず、毎年、毎日私にとっての初めの一歩を踏み出しています。長く歳を重ねて参りました中でも、流石に思い出深い1年であった事には違いありません。 良きにつけ悪しきにつけ、この1年を振り返ってみると、色でいえば晴れ晴れとした空の色を思います。その青空にゆっくりと身を任せて浮遊する雲のような心地よさを感じます。年の

今年は辛丑(かのとうし)の歳、私が己(つちのと)丑歳生れであるから十二支の六巡目も誕生日のある五月で終えます。今時あまり聞かない年の数え方ではありますが、陰陽五行の組み合わせで60年周期の中の辛丑の歳にあたります。 五行の木・火・土・金・水(もく・か・ど・ごん・すい)のそれぞれの陰陽と十二支の組み合わせで今年の干支が決まります。木火土金水の陰陽とは、「甲乙、丙丁、戊己、庚辛、壬癸」であり、十二支と