top of page
  • 未生流東重甫

11月の花:寒椿(カンツバキ)


11月は、いよいよ冬を迎える季節です。24節気の小雪と立冬にもあるように、少しの間秋の実りに舌鼓を打っているとすぐそこに冬が出番を待っています。また、秋のなごりを惜しむかのように紅葉で真っ赤に燃える山々に哀愁を感じる季節でもあります。そんな時節の中で出番を待っている草木も多くあり、その中から今月は寒椿(かんつばき)をご紹介します。 寒椿と聞けば、宮尾登美子の小説やその映画、森晶子が歌った寒椿などが思い浮かぶ方もいらっしゃるかと思います。実は寒椿とは名ばかりで、後述のとおりどちらかといえば山茶花に近い品種であり、幹の質感は山茶花や前回お話しました茶ノ木と似ています。ちなみにこの時期に咲く花の名前の頭に「寒」を付け、咲く時期で分けている事が多くあります。寒牡丹、寒桜、寒緋桜、寒蘭、寒岩蕗などはその代表といえます。 寒椿は、椿(つばき)と山茶花(さざんか)の交雑種とされる被子植物門双子葉植物網ツバキ目ツバキ科ツバキ属の常緑中低木です。山茶花と類似していてほとんど見分けがつきませんが、寒椿は花びらの枚数が14枚以上と多いのに対してサザンカはほとんどの品種が5枚か6枚です。また、寒椿は山茶花に比べて花弁のしわが少ないのも特徴です。 冬の代表的な花木であり、11月から3月に5~8cmの花が咲く八重咲きの薄紅花が多くみられますが、他に赤や白、桃色の一重や八重咲きもあります。なお、寒椿は椿と異なり、花びらは1枚ずつ散ります。また、樹形は立性のものと横張のものとがあり、横張のものは背も低く生垣や庭木など観賞用に用いられています。 生垣の山茶花がよく見れば寒椿であったりしますね。今年の冬は近くの生垣の花を観察してみてはいかがでしょうか。とはいえ、最近は生垣のある住宅は少なくなり、京都の桂離宮の生垣くらいになってしまいましたが。 <いけばなと寒椿> 寒椿のほとんどの樹形が横張りで、枝が真横に出る様に成長します。また、寒椿をいけばな、特に格花(かくばな:伝統の花)に用いることはほとんどありませんが、新花(しんか:○○の花)にはまれに用いられます。なお、山茶花と同じ立性のものは格花に用いる場合があります。 いける要領は「山茶花」や「茶ノ木」で説明しましたのでここでは割愛しますが、特に山茶花の鎌倉絞りは、花の品も良くいけても良いとされています。 photo by ashitaka on Flickr

kantsubaki.jpg

最新記事

すべて表示

第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年4月 第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 今年の4月は特に未生流支部展が多く催されています。花展とは、支部のお祭りのようなところもありますので作品は何時も愉しく拝見しています。特に、新花や造形は時代の流れの中の一コマで、作品に対する表現のおもしろさがありますが、格花はそうはいきません。花展で学ぶのではなく、日頃の研鑚を発表する場でもあります。形は技術を学ぶ事が出来ればある程度許され

第1 回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年3月 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 未生流の伝書は、「三才の巻」、「体用相應之巻」、「原一旋転之巻」、「草木養の巻」、「妙空紫雲の巻」、「規矩の巻」そして門外不出の「匂いの巻」と全部で7巻ありますが、匂いの巻までの伝書6巻は師範の免状取得までに拝受することができます。未生流でいけばなを始めてすぐに入門・初伝と拝受すると、「三才の巻」を拝受します。師範にいたるまでに6巻の伝書を拝受し、

2024年2月のコラム

「今月のコラム」を書き始めて気づけば14年の歳月が過ぎていました。時が過ぎるのは早いものです。長い年月進めてきたという自覚は無いに等しいのですが、昔のコラムを読み返してみると聊か感じるものがあります。継続は力なり、と良く言われますが、14年もの長きにわたって続けることができたのは一重に支えてくれる協力者だけでなく、読者皆様のおかげです。この場を借りて感謝を伝えたいと思います。ありがとうございます。

bottom of page