• 未生流東重甫

11月の花:寒椿(カンツバキ)


11月は、いよいよ冬を迎える季節です。24節気の小雪と立冬にもあるように、少しの間秋の実りに舌鼓を打っているとすぐそこに冬が出番を待っています。また、秋のなごりを惜しむかのように紅葉で真っ赤に燃える山々に哀愁を感じる季節でもあります。そんな時節の中で出番を待っている草木も多くあり、その中から今月は寒椿(かんつばき)をご紹介します。 寒椿と聞けば、宮尾登美子の小説やその映画、森晶子が歌った寒椿などが思い浮かぶ方もいらっしゃるかと思います。実は寒椿とは名ばかりで、後述のとおりどちらかといえば山茶花に近い品種であり、幹の質感は山茶花や前回お話しました茶ノ木と似ています。ちなみにこの時期に咲く花の名前の頭に「寒」を付け、咲く時期で分けている事が多くあります。寒牡丹、寒桜、寒緋桜、寒蘭、寒岩蕗などはその代表といえます。 寒椿は、椿(つばき)と山茶花(さざんか)の交雑種とされる被子植物門双子葉植物網ツバキ目ツバキ科ツバキ属の常緑中低木です。山茶花と類似していてほとんど見分けがつきませんが、寒椿は花びらの枚数が14枚以上と多いのに対してサザンカはほとんどの品種が5枚か6枚です。また、寒椿は山茶花に比べて花弁のしわが少ないのも特徴です。 冬の代表的な花木であり、11月から3月に5~8cmの花が咲く八重咲きの薄紅花が多くみられますが、他に赤や白、桃色の一重や八重咲きもあります。なお、寒椿は椿と異なり、花びらは1枚ずつ散ります。また、樹形は立性のものと横張のものとがあり、横張のものは背も低く生垣や庭木など観賞用に用いられています。 生垣の山茶花がよく見れば寒椿であったりしますね。今年の冬は近くの生垣の花を観察してみてはいかがでしょうか。とはいえ、最近は生垣のある住宅は少なくなり、京都の桂離宮の生垣くらいになってしまいましたが。 <いけばなと寒椿> 寒椿のほとんどの樹形が横張りで、枝が真横に出る様に成長します。また、寒椿をいけばな、特に格花(かくばな:伝統の花)に用いることはほとんどありませんが、新花(しんか:○○の花)にはまれに用いられます。なお、山茶花と同じ立性のものは格花に用いる場合があります。 いける要領は「山茶花」や「茶ノ木」で説明しましたのでここでは割愛しますが、特に山茶花の鎌倉絞りは、花の品も良くいけても良いとされています。 photo by ashitaka on Flickr

kantsubaki.jpg

#今月の花 #花に寄せて

最新記事

すべて表示

NHKカルチャーラジオ講座:『花の文化と季節の行事』開催決定!

いけばなと日本の文化、花のある生活のミニ知識もお教えします 日常生活に溶け込んでいる花と日本文化の関係を、特にいけばなを通じて背景や意義などをお話しします。 古来、花と日本人はどのような関係だったのか。桜には春、山から降りてくる「田」の神様が宿ると信じられており、桜の花の咲き方で農作物の収穫を占ったり、開花時期に合わせ稲の種まき準備を行うなど、農民にとり桜はとても大切なものでした。室町時代にはいけ

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧15

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧15 2021年5月のコラム 何をしていても、過ぎゆく日をどのように感じても、日々は過ぎていきます。なかなか待ってくれないなぁ、とこんな思いでもう新緑の5月を迎えました。そしてやはり植物は「上手く自分を生きているなぁ」と感じてしまいます。 自分が自分らしく生きることは難しいもののようです。別に急ぐ訳ではありませんが、まだまだ自分らしさを追っかけ、ひた走るしかないのでしょ

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧14

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧14 2021年4月のコラム 今年も早いもので4月を迎えます。3月が卒業、退職といった別れの月なら、4月といえば入社、入学、始まりの月です。新春、正月ではなく、なぜか2021年度の始まり、夢多き生活の始まりです。 この1年は今までに比べて自分の時間を少し持てたのではないかと思います。ただ時間が欲しくて都合をつける時間と、現状の余裕ある時間では、時間自体の持つ意味が違って