• 未生流東重甫

9月の節気:白露と秋分


ここ数年は9月でも残暑の厳しい日々が続きますが、それでも9月の声を聞くと秋を感じます。二百十日(にひゃくとうか)、五節句の重陽(ちょうよう)、二百廿日(にひゃくはつか)、仲秋の名月、秋の彼岸、等々多くの秋のイベントがあります。また、秋雨前線や台風の季節でもあり、そして9月が終わるころには、本当の秋の到来です。 季節的には9月の終わりが秋、ということですが、いけばなをしている私達は、七夕には秋の草花を種々用意し、いけます。女郎花(おみなえし)や桔梗、撫子も新暦7月7日、旧暦の7月7日共に用意する事が出来ます。暦のうえでは十分秋を迎えていることになりますね。 夏のなごりのある秋と、秋深くなる秋では気候に随分差がありますね。 <白露(はくろ)> 白露は、24節気の15番目にあたり、旧暦8月酉の月の正節で今年は新暦の9月8日から9月22日(秋分の前の日)までの15日間です。定気法では太陽黄径が165度のときをいいます。 白露は、字のごとく「しらつゆ」のことで、この頃秋気も本格的に加わり野菜に宿るしらつゆが秋の趣をひとしお感じさせてくれます。 大気が冷えてきて、露(つゆ)が出来始める頃で、『暦便覧』では「陰気ようやく重りて、露にごりて白色となれば也」と説明しています。本格的に秋となり、朝早く草に降りた露が白く見える、ということです。日中は暑さが残りますが、朝夕は涼風が立つ頃で、庭の秋虫がにぎやかに鳴きます。 白露の本朝72候*の初候として、草露白(そうろ しろし:草に降りた露が白く光って見える)、次候として鶺鴒鳴(せきれい なく:小川や沼などの水辺で、セキレイが鳴き始める)、末候として玄鳥去(げんちょう さる:つばめが南へ去っていく)があります。 <秋分(しゅうぶん)> 秋分は、24節気の16番目にあたり、旧暦8月酉の月の中気で、今年は9月23日から10月7日(寒露の前日)までの15日間です。定気法では、太陽が黄経180度を通過するときをいい、太陽が真東から昇り、真西に沈む日にあたります。秋分点は、黄道と赤道の交点のうち、太陽が赤道の北から南に向かって横切る点のことです。 この日は、秋の彼岸(秋分と中日に前後3日の計7日間を秋の彼岸をいいます)の中日であり、国民の祝日の1つの秋分の日です。祖先を敬い、亡くなった人の御霊を偲ぶ日として親しまれています。なお、この祝日は、天文学に基づいて年ごとに決定され、これは世界的にみても珍しいです。 春分と同じく、昼と夜の長さがほぼ等しいですが、秋分の日と春分の日の気温を比較すると、秋分の日の方が10度ほど高くなっています。これは、夏の暑さの名残があるからです。「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、これは冬の寒さは春の彼岸まで、夏の暑さは秋の彼岸まで、をさしており、天文学的にも納得な説明ではないでしょうか。 秋分の本朝72候*の初候として、雷乃収声(らい すなわち こえをおさむ:雷が鳴り響かなくなる)、次候として蟄中坏戸(ちっちゅう こを はいす:虫が土中に作った穴をふさぐ)、末候として水始涸(みず はじめて かる:水田の水を干し始める(=収穫に備える))があります。 24節気に加えて、季節の移り変わりをより的確につかむために設けられた雑節があります。雑節には、節分(立春の前日)、彼岸(春秋)、社日(しゃにち)、八十八夜、入梅、半夏生(はんげしょう)、土用(春夏秋冬あります)、二百十日(にひゃくとうか)、二百廿日(にひゃくはつか)があり、これに五節句、初午(はつうま)、三元(さんげん:上元、中元、下元の3つの日の総称)、盂蘭盆(うらぼんえ)、大祓(おおはらえ)を加える場合もあります。 9月の雑説として、二百十日(9月1日頃)、重陽(ちょうよう:9月9日)、二百廿日(9月11日頃)、秋の彼岸(9月20日~26日)があります。二百十日と二百廿日は、台風来襲の確率が高い厄日とされています。実際の統計では台風来襲の特異日は9月17日と9月26日だそうですが。重陽は、五節句の1つで菊の節句ともいわれ、邪気を祓い長寿を願う日とされています。五節句のコラムでも詳しく紹介していますので、是非読んでみてください。 9月の別名に、祝月(いわいづき)、詠月(えいげつ)、菊月、玄月(げんげつ)、長月・建戌月(けんじゅつづき)、竹酔月(ちくすいずき)、紅葉月(もみじづき)などがあります。季語も多くあり、花にちなんだものには、生姜市や花野、秋草、秋の七草、すすき、撫子、曼珠沙華、鶏頭(けいとう)、コスモス、露草(つゆくさ)、蕎麦の花、糸瓜、粟、金木犀(きんもくせい)の他に爽やかや水澄むなどが挙げられます。 時候の挨拶には、新涼や秋涼、清涼、涼風、野分、爽秋、秋冷の後に「の候)や「のみぎり」をつけて使います。書き出しの文としては、秋の爽やかさや景色の美しさなどを表現して、読む方に和みを感じて頂きたいものです。達筆で心和む文面を頂くと、読むより見ているだけで安らぎますね。返信には二の足を踏んでしまいますが! *:72候とは、宣明暦によるもので本来の時節のとらえ方をしていますが、日本では風土や自然現象にずれがあります。そこで、江戸時代に渋川春海(しぶかわはるみ)など日本の暦学者によって日本の風土に合った本朝72候が作成されました。

#花に寄せて #節気

最新記事

すべて表示

12月の節気:大雪と冬至

本当に早いもので、1月から24節気を紹介してから今月で全て網羅することになります。 節気は中国の殷代に使われていた太陰太陽暦を基にしたものであり、これは太陰歴に24の節目を注記することで太陰太陽暦へ行こうし、気候の推移を太陽の推移で示すことが可能になりました。毎年同じ季節に同じ節気が暦面に記載されるようになり、農作業等が大変便利になりました。これが日本の風土の中にも根付き、24節気は歳時記の季節の

11月の節気:立冬と小雪

11月は、深まる秋を目で感じ、肌で感じ、音で感じ、匂いで感じ、舌で感じる時期であり、また、五感で感じる秋は人それぞれの味わいがあります。山々の景色の移りゆく色の賑わいと枯れ落ちる葉や、里の華々しく菊の競演、秋草の楚々とした美しさが気位高く咲く様、そして池には枯れた蓮が侘び寂を感じさせてくれる景色には事欠かない季節の盛りでもあります。春に賑々しく咲いた花々が実を結び、年越しの用意に余念がなく、もう少

10月の節気:寒露と霜降

暦の上では秋も深まり冬装備。朝夕の心地よい涼風が幾分の肌寒さを感じさせます。山里の朝はめっきり冷え込み、野草が秋の風情を感じさせてくれる時期で、通年ある菊も本番を迎え、色とりどりに咲き誇りここかしこで菊の競演が催されます。 10月の別名である神無月(かんなづき)は、全国の神々が出雲大社に集まる月で、出雲以外の国では神様が留守になる月がその名の由来と言われており、神々が出雲に出向かれる道中の山や里で

© 2011-2020 I♥︎未生流

  • Facebook Clean