• 未生流東重甫

​2014年を迎えて


みなさま 新年あけましておめでとうございます。 さて、毎年の事ではありながら、心身共に一新する様な思いになるのは何故でしょうか。 新年を迎え、「今年こそは…!」ではありませんが、「一年の計は元旦にあり」に表わされるような新たな気持ちを楽しみたいものです。 今年は1月31日に恵泉学園園芸部特別講座開催、3月にはかねてより希望していました京都雅支部の発足、そして早くも来年27年春の支部花展の準備等未定のものも含めて年明けから私にとって大切なイベントが目白押しに控えております。加えて、4月には我が未生流の家元が9代目から10代目へと継承される年でもあります。このような状況ですので、年明けでありながらも「心ここにあらず」ではありますが、この新たな1年を思いますと、「毎日を楽しむ」「事を楽しむ」そして「1つでも多くの未知の楽しみを追求する」が極めて大切であるような気がします。 たった一歩の進歩だと進める先も限りがあるように思えますが、千里の道も一歩からというように、大きな未知の世界への一歩かもしれません。 今年の第一歩にどんな新しい未来が待っているのか、心躍らせて楽しみたいと思います。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 2014年1月 東 重甫

#挨拶

最新記事

すべて表示

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 今年の干支は壬寅(みずのえのとら)です。十干の壬(みずのえ)は、五行の木・火・土・金・水のうち、水の陽であり、甲(きのえ:木の兄)、乙(きのと:木の弟)の概念から、兄弟でいう兄といわれ 、河川の水や井戸の水など自然界の水とされます。また、十二支の寅は、五行の五神では西の守り神白虎に通じます。清く活きた水と西の守り神白虎とでコロナ退治

今年もいよいよ年末を迎え、無事このコラムを書く日を迎える事が出来ました。感謝です。昔を振り返らず、毎年、毎日私にとっての初めの一歩を踏み出しています。長く歳を重ねて参りました中でも、流石に思い出深い1年であった事には違いありません。 良きにつけ悪しきにつけ、この1年を振り返ってみると、色でいえば晴れ晴れとした空の色を思います。その青空にゆっくりと身を任せて浮遊する雲のような心地よさを感じます。年の

今年は辛丑(かのとうし)の歳、私が己(つちのと)丑歳生れであるから十二支の六巡目も誕生日のある五月で終えます。今時あまり聞かない年の数え方ではありますが、陰陽五行の組み合わせで60年周期の中の辛丑の歳にあたります。 五行の木・火・土・金・水(もく・か・ど・ごん・すい)のそれぞれの陰陽と十二支の組み合わせで今年の干支が決まります。木火土金水の陰陽とは、「甲乙、丙丁、戊己、庚辛、壬癸」であり、十二支と