top of page
  • 未生流東重甫

​2014年を迎えて


みなさま 新年あけましておめでとうございます。 さて、毎年の事ではありながら、心身共に一新する様な思いになるのは何故でしょうか。 新年を迎え、「今年こそは…!」ではありませんが、「一年の計は元旦にあり」に表わされるような新たな気持ちを楽しみたいものです。 今年は1月31日に恵泉学園園芸部特別講座開催、3月にはかねてより希望していました京都雅支部の発足、そして早くも来年27年春の支部花展の準備等未定のものも含めて年明けから私にとって大切なイベントが目白押しに控えております。加えて、4月には我が未生流の家元が9代目から10代目へと継承される年でもあります。このような状況ですので、年明けでありながらも「心ここにあらず」ではありますが、この新たな1年を思いますと、「毎日を楽しむ」「事を楽しむ」そして「1つでも多くの未知の楽しみを追求する」が極めて大切であるような気がします。 たった一歩の進歩だと進める先も限りがあるように思えますが、千里の道も一歩からというように、大きな未知の世界への一歩かもしれません。 今年の第一歩にどんな新しい未来が待っているのか、心躍らせて楽しみたいと思います。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 2014年1月 東 重甫

最新記事

すべて表示

2024年の新春を迎えて

令和6年能登半島地震において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。 新年早々の心痛む震災や事故があり、震撼する出来事で被災された方達を思うと、新年の祝詞が少し難しい気がいたしますが、新年を迎えるのは、日頃と同じで爽やかな朝を迎える思いです。 例年と同じく、1月2日には書き初めをしました。今年の書き初めは「但尽凡心」、”ただ凡心を尽くすのみ”安岡正篤『

2023年を振り返って

師走恒例の慌ただしく感じる思いを楽しむことが出来ています。 今年を振り返ると毎年ではありますが、「今年始めての体験」という事がありました。いつの年も何かしら新しいことに挑戦できていることはありがたいことです。私一人では到底出来得ないことも、周りの人達に助けられてではあるが前に進んでいる気がします。 年の初めは、そろそろ恒例になってきています家族11名での長岡天神での書き初めからでした。思い思いの言

2023年を迎えて

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年の干支は癸卯(みずのとのう)ですがみなさんの干支は何でしょうか。実は、私は講義の中で頭の休憩として「あなたの干支は?」と尋ねることがあるのですが、大概は12支の子や丑といった動物だけで答えてくれますので講義が和やかになります。 干支とは、字の如く十干十二支を言いますので、正しくは甲子(きのえのね)、乙丑(きのとのうし)

bottom of page