top of page
  • 未生流東重甫

京都雅未生会決起総会開催報告


去る平成25年3月24日に、長岡京市生涯学習センターバンビオにて、京都雅未生会決起総会が開催されました。 この京都雅未生会は、会員数約40名で平成25年3月3日に発足したばかりの小さな会ですが、今一度華道を学ぶことを純粋に見つめ直すことや初心に立ち返ることを大切にすることを目的に立ち上げました。 本総会は、京都の日本酒玉の光の「祝」で乾杯、祝菓子は紅白饅頭と中々古風な感じですが、「温故知新」という言葉もあるように旧きを温めることも時には必要だと考えており、この京都雅未生会ではその「立ち返り」を日々の稽古で体現できればと思っています。 当面の活動目標としては、上述のような我々の信念を1人でも多くの人に浸透していくこととし、いずれは「会」から「支部発足」へと発展できるようにと思っています。1日も早くその日が来るよう、日々精進していきますので、どうぞ「京都雅未生会」をよろしくお願いいたします。

activity05_01.jpg

最新記事

すべて表示

第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年4月 第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 今年の4月は特に未生流支部展が多く催されています。花展とは、支部のお祭りのようなところもありますので作品は何時も愉しく拝見しています。特に、新花や造形は時代の流れの中の一コマで、作品に対する表現のおもしろさがありますが、格花はそうはいきません。花展で学ぶのではなく、日頃の研鑚を発表する場でもあります。形は技術を学ぶ事が出来ればある程度許され

第1 回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年3月 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 未生流の伝書は、「三才の巻」、「体用相應之巻」、「原一旋転之巻」、「草木養の巻」、「妙空紫雲の巻」、「規矩の巻」そして門外不出の「匂いの巻」と全部で7巻ありますが、匂いの巻までの伝書6巻は師範の免状取得までに拝受することができます。未生流でいけばなを始めてすぐに入門・初伝と拝受すると、「三才の巻」を拝受します。師範にいたるまでに6巻の伝書を拝受し、

2024年2月のコラム

「今月のコラム」を書き始めて気づけば14年の歳月が過ぎていました。時が過ぎるのは早いものです。長い年月進めてきたという自覚は無いに等しいのですが、昔のコラムを読み返してみると聊か感じるものがあります。継続は力なり、と良く言われますが、14年もの長きにわたって続けることができたのは一重に支えてくれる協力者だけでなく、読者皆様のおかげです。この場を借りて感謝を伝えたいと思います。ありがとうございます。

bottom of page