top of page
  • 未生流東重甫

2013年を迎えて


みなさま 新年明けましておめでとうございます。 お元気に新春をお迎えのことと存じますが、いかがおすごしでしょうか。 さて、昨年1年間は、「2012年を振り返って」でも少し触れさせていただきましたが、大変充実した1年でありました。そして、過去の行方を探す訳ではありませんが、これらの日々は今後の糧としなければと思います。 いけばなの世界、こと未生流で生きてきた私が今年に限らず思うのは、二百年の歴史をもつ以上、同時に二百年先の未生流のあり方についても考える事です。 と、少しスケールの大きなお話しになりましたが、当然私個人の力は微力でありますし、そんなことを思案し始めると、ただ個人の無力さを感じたりすることもありますが何らかの形で表していきたいとは考えています。 そこで、いけばなの研究は当たり前として、理想を追う心を表現したいと思います。 これこそが、今年なすべきことではないかと私自身深く感じております。 2013年の主な活動としては、小規模な花会やウィーンでのイベント参加、台北でのいけばな実演イベントなどを考えていますが、こういった活動を行う際に特に大切なことは、私自身だけでなく、私を支持して頂いております多くの人達が、未生流門葉として楽しくいけばなに関わることが出来る機会や環境を提供することではないかと自問しております。 今年は「飛躍の年」までも行きませんが、今まで以上に前に進む年にするべく働く年と肝に銘じ、精進したいと思います。 年齢と身体はおのずと成長しますが、努力なしで「人」としての向上は望めません。向上心とは常に仲良くお付き合いしたいものです。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 2013年 1月 東 重甫

最新記事

すべて表示

2024年の新春を迎えて

令和6年能登半島地震において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。 新年早々の心痛む震災や事故があり、震撼する出来事で被災された方達を思うと、新年の祝詞が少し難しい気がいたしますが、新年を迎えるのは、日頃と同じで爽やかな朝を迎える思いです。 例年と同じく、1月2日には書き初めをしました。今年の書き初めは「但尽凡心」、”ただ凡心を尽くすのみ”安岡正篤『

2023年を振り返って

師走恒例の慌ただしく感じる思いを楽しむことが出来ています。 今年を振り返ると毎年ではありますが、「今年始めての体験」という事がありました。いつの年も何かしら新しいことに挑戦できていることはありがたいことです。私一人では到底出来得ないことも、周りの人達に助けられてではあるが前に進んでいる気がします。 年の初めは、そろそろ恒例になってきています家族11名での長岡天神での書き初めからでした。思い思いの言

2023年を迎えて

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年の干支は癸卯(みずのとのう)ですがみなさんの干支は何でしょうか。実は、私は講義の中で頭の休憩として「あなたの干支は?」と尋ねることがあるのですが、大概は12支の子や丑といった動物だけで答えてくれますので講義が和やかになります。 干支とは、字の如く十干十二支を言いますので、正しくは甲子(きのえのね)、乙丑(きのとのうし)

bottom of page