• 未生流東重甫

2013年を迎えて


みなさま 新年明けましておめでとうございます。 お元気に新春をお迎えのことと存じますが、いかがおすごしでしょうか。 さて、昨年1年間は、「2012年を振り返って」でも少し触れさせていただきましたが、大変充実した1年でありました。そして、過去の行方を探す訳ではありませんが、これらの日々は今後の糧としなければと思います。 いけばなの世界、こと未生流で生きてきた私が今年に限らず思うのは、二百年の歴史をもつ以上、同時に二百年先の未生流のあり方についても考える事です。 と、少しスケールの大きなお話しになりましたが、当然私個人の力は微力でありますし、そんなことを思案し始めると、ただ個人の無力さを感じたりすることもありますが何らかの形で表していきたいとは考えています。 そこで、いけばなの研究は当たり前として、理想を追う心を表現したいと思います。 これこそが、今年なすべきことではないかと私自身深く感じております。 2013年の主な活動としては、小規模な花会やウィーンでのイベント参加、台北でのいけばな実演イベントなどを考えていますが、こういった活動を行う際に特に大切なことは、私自身だけでなく、私を支持して頂いております多くの人達が、未生流門葉として楽しくいけばなに関わることが出来る機会や環境を提供することではないかと自問しております。 今年は「飛躍の年」までも行きませんが、今まで以上に前に進む年にするべく働く年と肝に銘じ、精進したいと思います。 年齢と身体はおのずと成長しますが、努力なしで「人」としての向上は望めません。向上心とは常に仲良くお付き合いしたいものです。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 2013年 1月 東 重甫

#挨拶

最新記事

すべて表示

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 今年の干支は壬寅(みずのえのとら)です。十干の壬(みずのえ)は、五行の木・火・土・金・水のうち、水の陽であり、甲(きのえ:木の兄)、乙(きのと:木の弟)の概念から、兄弟でいう兄といわれ 、河川の水や井戸の水など自然界の水とされます。また、十二支の寅は、五行の五神では西の守り神白虎に通じます。清く活きた水と西の守り神白虎とでコロナ退治

今年もいよいよ年末を迎え、無事このコラムを書く日を迎える事が出来ました。感謝です。昔を振り返らず、毎年、毎日私にとっての初めの一歩を踏み出しています。長く歳を重ねて参りました中でも、流石に思い出深い1年であった事には違いありません。 良きにつけ悪しきにつけ、この1年を振り返ってみると、色でいえば晴れ晴れとした空の色を思います。その青空にゆっくりと身を任せて浮遊する雲のような心地よさを感じます。年の

今年は辛丑(かのとうし)の歳、私が己(つちのと)丑歳生れであるから十二支の六巡目も誕生日のある五月で終えます。今時あまり聞かない年の数え方ではありますが、陰陽五行の組み合わせで60年周期の中の辛丑の歳にあたります。 五行の木・火・土・金・水(もく・か・ど・ごん・すい)のそれぞれの陰陽と十二支の組み合わせで今年の干支が決まります。木火土金水の陰陽とは、「甲乙、丙丁、戊己、庚辛、壬癸」であり、十二支と