• 未生流東重甫

11月の花:ツルウメモドキ


蔓梅擬は、ニシキ木科ツルウメモドキ属に属するつる性の樹木ですが、葉の形が梅に似ていることからこの名前が付きました。 5月頃に花が咲き、初夏には黄緑色の実がなりますが、秋になるとこの実が薄黄色に熟します。熟した後は皮の中から赤い種子が現れます。 この赤い実が美しく、蔓性の枝も趣があることから、秋冬のいけばなの花材としてだけでなく、ディスプレイの材料としても好んで使われています。 見た目の「美しさ」「優しい動きの枝」を感じられる蔓梅擬ですが、他の木に絡むように成長し、その木をおおってしまう等、自然においては中々逞しいようです。 いけばなの花材としては、蔓性の植物ですのであまり立ち昇る姿にいける事は有りませんが、まれにいけることもあったようです。 寄せ筒・重ね切りの1番高い所でいける花材としてこの季節には欠かせないものです。 使い方も楽しめる花材であり、例えば、1種でいける・出生の様に、他の木物に添わせていけるなど取り合わせを楽しむことも出来ます。 蔓のおもしろい動きが楽しめる伝書「体用相応の巻」から船三景の1つである「掛り船の景色綱花いけ方の心得」では、蔓梅擬が適材の1つに数えられています。 伝書「三才*の巻」の中にある「草木種々取り合わせいけの心得」では、枇杷(びわ)の体留(たいどめ)に添わせて蔓梅擬の用(よう)を使うとあります。ここでは、出生から他の木に絡む性質と、蔓梅擬の枝があまり強くない所から他の花材に添わせて使うという説明があります。 花会だけではなく、1度は通常のおけいこ等でふれてみたい花材です。 *:未生流における格花(古典花)のいけ方の基本。直角二等辺三角形の形を天・地・人のとし、天は体(たい)、地は用(よう)、地は(とめ)と呼ばれます。

32289_489786554385594_1311523777_n.jpg

#今月の花 #花に寄せて

最新記事

すべて表示

NHKカルチャーラジオ講座:『花の文化と季節の行事』開催決定!

いけばなと日本の文化、花のある生活のミニ知識もお教えします 日常生活に溶け込んでいる花と日本文化の関係を、特にいけばなを通じて背景や意義などをお話しします。 古来、花と日本人はどのような関係だったのか。桜には春、山から降りてくる「田」の神様が宿ると信じられており、桜の花の咲き方で農作物の収穫を占ったり、開花時期に合わせ稲の種まき準備を行うなど、農民にとり桜はとても大切なものでした。室町時代にはいけ

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧15

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧15 2021年5月のコラム 何をしていても、過ぎゆく日をどのように感じても、日々は過ぎていきます。なかなか待ってくれないなぁ、とこんな思いでもう新緑の5月を迎えました。そしてやはり植物は「上手く自分を生きているなぁ」と感じてしまいます。 自分が自分らしく生きることは難しいもののようです。別に急ぐ訳ではありませんが、まだまだ自分らしさを追っかけ、ひた走るしかないのでしょ

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧14

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧14 2021年4月のコラム 今年も早いもので4月を迎えます。3月が卒業、退職といった別れの月なら、4月といえば入社、入学、始まりの月です。新春、正月ではなく、なぜか2021年度の始まり、夢多き生活の始まりです。 この1年は今までに比べて自分の時間を少し持てたのではないかと思います。ただ時間が欲しくて都合をつける時間と、現状の余裕ある時間では、時間自体の持つ意味が違って