top of page
  • 未生流東重甫

11月の花:ツルウメモドキ


蔓梅擬は、ニシキ木科ツルウメモドキ属に属するつる性の樹木ですが、葉の形が梅に似ていることからこの名前が付きました。 5月頃に花が咲き、初夏には黄緑色の実がなりますが、秋になるとこの実が薄黄色に熟します。熟した後は皮の中から赤い種子が現れます。 この赤い実が美しく、蔓性の枝も趣があることから、秋冬のいけばなの花材としてだけでなく、ディスプレイの材料としても好んで使われています。 見た目の「美しさ」「優しい動きの枝」を感じられる蔓梅擬ですが、他の木に絡むように成長し、その木をおおってしまう等、自然においては中々逞しいようです。 いけばなの花材としては、蔓性の植物ですのであまり立ち昇る姿にいける事は有りませんが、まれにいけることもあったようです。 寄せ筒・重ね切りの1番高い所でいける花材としてこの季節には欠かせないものです。 使い方も楽しめる花材であり、例えば、1種でいける・出生の様に、他の木物に添わせていけるなど取り合わせを楽しむことも出来ます。 蔓のおもしろい動きが楽しめる伝書「体用相応の巻」から船三景の1つである「掛り船の景色綱花いけ方の心得」では、蔓梅擬が適材の1つに数えられています。 伝書「三才*の巻」の中にある「草木種々取り合わせいけの心得」では、枇杷(びわ)の体留(たいどめ)に添わせて蔓梅擬の用(よう)を使うとあります。ここでは、出生から他の木に絡む性質と、蔓梅擬の枝があまり強くない所から他の花材に添わせて使うという説明があります。 花会だけではなく、1度は通常のおけいこ等でふれてみたい花材です。 *:未生流における格花(古典花)のいけ方の基本。直角二等辺三角形の形を天・地・人のとし、天は体(たい)、地は用(よう)、地は(とめ)と呼ばれます。

32289_489786554385594_1311523777_n.jpg

#今月の花 #花に寄せて

最新記事

すべて表示

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年の干支は癸卯(みずのとのう)ですがみなさんの干支は何でしょうか。実は、私は講義の中で頭の休憩として「あなたの干支は?」と尋ねることがあるのですが、大概は12支の子や丑といった動物だけで答えてくれますので講義が和やかになります。 干支とは、字の如く十干十二支を言いますので、正しくは甲子(きのえのね)、乙丑(きのとのうし)

今年も慌ただしい師走を快く迎える事が出来ました。確かに何かにつけ忙しく感じますが、何だかホッとしています。 年始にもご紹介しましたが、安岡正篤氏曰く「忙しいと云う字は、心を失うと書く。心を失っては駄目である」という戒めの言葉があります。おおよそ忙しいと周りの見える範囲が常より狭くなります。しかしこの状況を喜べば嬉しい悲鳴に変わるものです。未だ身体が動くこともあり、新しい年を迎える準備は忙しいという

「華道玄解」 荒木白鳳著  閲覧32 2022年12月のコラム 気がつけば12月、2022年も終わりに近づいてきました。 師が東西に忙しく走り回ることから師走とはよく言ったもので(諸説あります)、月半ばともなると気持ち的にも世の中的にも気忙しくなってきます。そんな慌ただしい月ではありますが、今月も華道玄解のコラムです。 先月は先々月に続き、『妙空紫雲の卷參考資料』の『妙空紫雲』を読み進めましたが

bottom of page