• 未生流東重甫

8月の花: ハス


古名は「はちす」。 花托(蓮肉・台(うてな))の形が蜂の巣に似ている所から名付けられました。水芙蓉・不語仙・池見草などと称します。 中国では「荷か」の字を当てます。日本へは仏教と共に渡来した花で歴史は古く、釈迦生誕の故事にも出てくるもので仏教とは深く縁のある花です。 種子は食用として、生でも頂けますが蓮の種ごはん等は精進料理にも出ます。台湾・中国のお土産で蓮の種の砂糖漬けはよくご存じのものでしょう。 京都 宇治の三室戸寺に於きまして毎年蓮酒と称して、大きな蓮の葉にお酒を注ぎ茎からそのお酒を飲むというような催しが有ります。これは蓮の葉と茎の付け根中央部に細い穴が沢山あいています、その穴から葉に注いだお酒を茎を通して飲みます。 いけばなでは、多くの種類の蓮が有りますが小型の茶碗蓮がよくいけられます。時には大きな器に大きな蓮をいけることも有ります。 未生流でも特殊な花の一つで、「伝書 原一旋転」に`白蓮一輪挿け方の心得`として細やかに説明がなされています。 蓮の花には種類が多くありますが、白かピンクの花弁で雄蕊の白いものを使います。八重咲は基本的には使いません。蓮はその出生から浮葉・撞木葉・開き葉・巻葉など景色良く挿けます。花の高さは、花が開くと葉より高く、蕾の場合は葉より低く扱います。 挿けるにあたって大切なことが水揚げです。水揚げとは花を活かす事ですが、葉が大きい分水の蒸発が著しく風に当てるとすぐ枯れます。朝日が上がる前に切り、ポンプで切り口から葉の先端まで水が行くように注入します。後は風に当たらないように出来るだけ深水に着けます。そんな折葉を傷つけないように注意します。 何事も経験してみる事が肝要でしょう。

flower_lotus01.jpg

#今月の花 #花に寄せて

最新記事

すべて表示

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧20

2021年11月のコラム「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧20 過ぎていく季節の中、人それぞれに歴史が刻まれていきます。 今年の秋は、自分にとってどんな過去を生み出してくれたでしょうか。四季折々の時節が、刻々と過去を積み重ねていきます。人それぞれの過去がこの秋のように清しいものであることを祈ります。 いけばなを生業としているせいか、秋の花に問いかけることが多いです。決して難しい事を尋ねるわけではないので

「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧19

2021年10月のコラム「華道玄解」荒木白鳳著 閲覧19 今年は例年の夏の暑さを感じないまま初秋を迎え、もう10月ですが、季節外れの暑い日々が続いていた10月でした。 それぞれの季節を楽しく迎えたいものですが、秋だからといって誰もが楽しく迎えられるとは限りません。それでも毎年この時期だからこそ、この時節だからこその喜びはあるのではないでしょうか。 何事も人によって受け取り方が異なるのは当然ですが、

「華道玄解」 閲覧18 荒木白鳳著

2021年9月のコラム「華道玄解」 閲覧18 荒木白鳳著 毎年の暑さに慣れる事は出来ませんが、未だ耐える事は出来ます。今年は、この状況下にもかかわらず行われたオリンピックが終わり、パラリンピックへと期待が高まります。 スポーツが感動を与えてくれるのは、どんな状況下においても変わりませんし、素直に頑張る人を応援したいものです。 さて、暦の上では秋を迎え、いささかではありますが、朝夕の涼しさを感じる気