top of page
  • 未生流東重甫

7月の花: ヒオウギ


七月は夏祭りの花とでも呼びましょうか「檜(ひ)扇(おうぎ)」が思い浮かびます。 檜扇という名は、ヒノキの薄い板すみを綴じて作る檜扇と呼ばれている扇子のような物に似ていることに由来します。 黄色またはオレンジに黒い斑点のある6枚花びらの花を咲かせ、緑色の袋状の実を付けます。この実が、秋に真っ黒の種となりその種を「むばたま」「うばだま」と称します。 万葉集に多く使われ、黒の実から黒い色を連想させる夜・夕・髪などの枕詞として用いられます。 未生流いけばなでは、出生(植物の生え方)から「軸付葉物十二種」に挙げられ伝書体用相応の巻にいけ方も説明があります。 いけばなに使う種類としては、チャボ・コフク・クジャク・ホウオウ等がありますが、一般に花屋さんに出回る種類としてはチャボとホウオウが多いように思います。 【いけ方】 出生から規則正しく軸に付く葉であることから、葉組(葉の組み合わせ)が必要になります。葉組の基本は、用(よう)と留(とめ)に組みます。花が5 本までは用として3枚、留として2枚の葉で足元を囲みます。花が7本以上の場合は、用5枚、留2枚の葉で足元を囲みます。花が11本以上は檜扇には角軸の物があることを想定して、用5枚、留2枚に加え、用へ向う2枚、留へ向う2枚で周りを囲うようにいけます。花の位置は三才格が基本で、添えを応合い、花軸が見えないように足し葉をします。 尚葉組は、出生から、2枚・3枚・5枚組があります。用3枚、留2枚の場合は、用を少し高く表を向う側に葉の先端である爪を向き合わせて2枚組みます。用は留側・留は用側を低く手前に重ね、用は2枚の奥に一番高く先の2枚の高い方に爪が向くように重ねます。5枚の場合も3枚に順序良く左右に加えます。

最新記事

すべて表示

第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年4月 第2回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 今年の4月は特に未生流支部展が多く催されています。花展とは、支部のお祭りのようなところもありますので作品は何時も愉しく拝見しています。特に、新花や造形は時代の流れの中の一コマで、作品に対する表現のおもしろさがありますが、格花はそうはいきません。花展で学ぶのではなく、日頃の研鑚を発表する場でもあります。形は技術を学ぶ事が出来ればある程度許され

第1 回 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 

2024年3月 未生流傳書三才の巻 《序説解説》 未生流の伝書は、「三才の巻」、「体用相應之巻」、「原一旋転之巻」、「草木養の巻」、「妙空紫雲の巻」、「規矩の巻」そして門外不出の「匂いの巻」と全部で7巻ありますが、匂いの巻までの伝書6巻は師範の免状取得までに拝受することができます。未生流でいけばなを始めてすぐに入門・初伝と拝受すると、「三才の巻」を拝受します。師範にいたるまでに6巻の伝書を拝受し、

2024年2月のコラム

「今月のコラム」を書き始めて気づけば14年の歳月が過ぎていました。時が過ぎるのは早いものです。長い年月進めてきたという自覚は無いに等しいのですが、昔のコラムを読み返してみると聊か感じるものがあります。継続は力なり、と良く言われますが、14年もの長きにわたって続けることができたのは一重に支えてくれる協力者だけでなく、読者皆様のおかげです。この場を借りて感謝を伝えたいと思います。ありがとうございます。

bottom of page