• 未生流東重甫

6月の花:アジサイ


アジサイ科アジサイ属の植物の総称で、学名のHydrangeaは「水の容器」という意味で、日本には10数種が自生しています。花の色(といっても正しくは「がく」で、本当の花は中心部分の丸い粒のような部分)が土壌の酸性度(pH)、アルミニウムイオン量や開花からの日数によって様々に変化することから「七変化」とも呼ばれていますが、分かる気もします。花言葉には、「移り気」「浮気」「辛抱強い愛情」等がありますが、中でも「元気な女性」が私はお気に入りです。 ちなみに、我が家の紫陽花は、毎年葉は茂っても花が付きません。花を咲かせる為には、枯れ木(枯れたような枝)を残す必要があります。そんな事に気付いてからは、毎年花を愛でるようになりました。 今年も何種かの紫陽花が厚かましく咲くのだと思います。未生流の「いけばな」に於いても牡丹と紫陽花は先端に枯れ木を遣い、出生を捉えうまく表現していることに感心します。自然環境では、牡丹同様花より枝が高いのは見たことがありませんが、これは1年間の流れの中で、「いけばな」として表現する姿は「出生とらしさ」なのだからかもしれません。表現とは何時も深く面白いものです。

#今月の花 #花に寄せて

最新記事

すべて表示

「華道玄解」 荒木白鳳著  閲覧9

「華道玄解」 荒木白鳳著  閲覧9 2020年10月のコラム 今年2月より閲覧から開始し、8月までは三才之巻研究資料まで読み進めました。9月からは體用相應之巻研究資料に進み、9月は「序」と「三才体用相應の義」を閲覧いたしました。今月10月のコラムは「人類体用相応の義」へと進みますが、あまりにも華道とかけ離れていますが、時代相応の知識も知っておいて損はありません。思想、考え方の違いを感じることを目的

「華道玄解」 荒木白鳳著  閲覧8

「華道玄解」 荒木白鳳著  閲覧8 2020年9月のコラム 8月のコラムまでは「三才の巻研究資料」を読み進んでまいりましたが、9月からは華道玄解の「體用相應の巻研究資料」へと読み進めていきます。 未生流では、初伝「三才の巻」、中伝「体用相応の巻」、奥伝「原一旋転の巻」と段階的に伝書の学習を進めていきます。考え方にも段階があり、一般的に使われている言葉に「守離破(しゅりは)」「守破離(しゅはり)」が

© 2011-2020 I♥︎未生流

  • Facebook Clean