top of page
  • 未生流東重甫

6月の花:アジサイ


アジサイ科アジサイ属の植物の総称で、学名のHydrangeaは「水の容器」という意味で、日本には10数種が自生しています。花の色(といっても正しくは「がく」で、本当の花は中心部分の丸い粒のような部分)が土壌の酸性度(pH)、アルミニウムイオン量や開花からの日数によって様々に変化することから「七変化」とも呼ばれていますが、分かる気もします。花言葉には、「移り気」「浮気」「辛抱強い愛情」等がありますが、中でも「元気な女性」が私はお気に入りです。 ちなみに、我が家の紫陽花は、毎年葉は茂っても花が付きません。花を咲かせる為には、枯れ木(枯れたような枝)を残す必要があります。そんな事に気付いてからは、毎年花を愛でるようになりました。 今年も何種かの紫陽花が厚かましく咲くのだと思います。未生流の「いけばな」に於いても牡丹と紫陽花は先端に枯れ木を遣い、出生を捉えうまく表現していることに感心します。自然環境では、牡丹同様花より枝が高いのは見たことがありませんが、これは1年間の流れの中で、「いけばな」として表現する姿は「出生とらしさ」なのだからかもしれません。表現とは何時も深く面白いものです。

最新記事

すべて表示

2024年2月のコラム

「今月のコラム」を書き始めて気づけば14年の歳月が過ぎていました。時が過ぎるのは早いものです。長い年月進めてきたという自覚は無いに等しいのですが、昔のコラムを読み返してみると聊か感じるものがあります。継続は力なり、と良く言われますが、14年もの長きにわたって続けることができたのは一重に支えてくれる協力者だけでなく、読者皆様のおかげです。この場を借りて感謝を伝えたいと思います。ありがとうございます。

2024年の新春を迎えて

令和6年能登半島地震において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。 新年早々の心痛む震災や事故があり、震撼する出来事で被災された方達を思うと、新年の祝詞が少し難しい気がいたしますが、新年を迎えるのは、日頃と同じで爽やかな朝を迎える思いです。 例年と同じく、1月2日には書き初めをしました。今年の書き初めは「但尽凡心」、”ただ凡心を尽くすのみ”安岡正篤『

NHK文化センター講座(青山教室)終講のお知らせ

いつも大変お世話になっております。 さて、突然のお知らせになりますが、現在NHK文化センター青山(青山教室)にて開催しております講座につきまして、2024年3月を持って終了することになりました。 なお、2024年3月の講座は東先生のご都合により休講となりますので、現在の青山教室でのお稽古は2024年2月が最後となります。 終了に関するご連絡はNHK文化センターからもご案内がございますので後日ご確認

bottom of page