© 2011-2019 I♥︎未生流

  • Facebook Clean

2018年12月 今月の花 <南天(なんてん)>

京都の晩秋は美しい!特に生まれ育った嵯峨野・嵐山は格別です。人で賑わう名所は数えきれない程ありますが、どこもかしこも賑わっています。

錦秋の京都も朔風に舞い散る枯葉で木々の様相を変えていきます。

24節気の仲冬にあたる11月節は大雪(12月7日~21日)、11月中は冬至(12月22日~翌年1月4日)までとなります。新暦12月の別名は、和名では、師走、除月、極月、親子月、弟月、春待月、梅切月、三冬月、暮古月、限月等、漢名には大呂、季冬、暮冬、晩冬、杪冬、窮冬、黄冬、氷月、蜡月、涂月、蝋月等が...

2018年11月の花 <木賊(トクサ)>

今年の秋は例年になく台風や地震の連続で滅入る日が続きました。被災された方にはお見舞い申し上げます。

さて、秋も深まりいよいよ11月で今年の秋の集大成です。

11月の別名には霜月、霜降月、神楽月、神帰月、雪待月(以上和名)、子月、建子月、晷雉(きち)、黄鐘、仲冬、暢月、辜月、龍潜月(以上漢名)等があります。他にも色々ありますが、用いられている漢字から何となく意味を感じる事が出来ます。なお、季節の挨拶に深秋の候、初霜の候、初冬の候、向寒の候などがあります。

11月の行事に子供の成長を祝う千歳あめで知られ...

2018年10月の花 <木犀(もくせい)>

お彼岸も過ぎ、秋らしい日々が続いています。暦の上ではいよいよ冬支度です。24節気での季節は晩秋、気節は九月節の寒露(10月8日~)、72候の次候に「菊花開」とあります。9月中の霜降(10月23日~11月6日)、末候に「楓蔦黄」(紅葉や蔦の葉が黄ばむ)とあります。

10月の別名には神無月、神去月(出雲だけは神在月)、時雨月、初霜月。愛景、応鐘、良月、陽月、小春月、孟冬、初冬、上冬、玄英、雷無月、木葉月、坤月、大月、名残月等々多くありますが、別名から感じる季節感と目で見る季節感そして肌で感じる季節...

2018年9月の花 ≪鶏頭(けいとう)≫

9月の声を聴くと流石に秋を連想します。昼間の暑さが和らいだ訳ではありませんが、朝夕の清々しさは心地よいものです。そして、いつの間にか、木々の葉が緑濃くなっていることに気がつきます。新緑の活き活きした姿からしっかり枝葉を張って太陽と戯れ、落葉の木はもう秋装備しているのか、一番先に七竃が紅葉する時期を計っている様でもあります。

実は暦の上では秋真っ只中。24節気での季節は仲秋、気節は8月節白露(9月8日~)、8月中秋分(9月23日~10月7日)で、白露(はくろ)とは、「しらつゆ」の意で、秋気も本格的...

夏の朝の陽射しは清々しく、秋をも感じさせてくれるものですが、今年の夏は連日異常な暑さが続いています。実は、暦の上では七夕が過ぎると秋の訪れです。24節気での季節は初秋、気節では7月節 立秋(8月7日以降)、7月中 処暑(8月23日~9月7日)となります。初秋とは、夏と秋の境目で実際は一番暑い時期ですが、秋の声を聴くとひと時の秋らしさを感じたくなります。朝、路地の垣根や畑の畔に高く立ち昇る枝にポッと咲いた白や紅底の木槿の花には涼やかで清々しい上品な趣があります。今月は万葉集の秋の七草にも挙げられている(別説)木槿(むくげ)を取り上げた...

うっとうしい梅雨がようやく終わり、待望の夏がきた!と思えたのは遥かに遠い昔のようで、ここ最近は例年のように猛暑や酷暑の夏が続いているおかげで降り注ぐ灼熱の太陽を避けるように過ごすのはどこかもったいない気がします。

さて、陰陽五行説の陽の時季にあたる7月は、24節気では晩夏となり、この夏の一番暑い季節です。7月1日~6日までは24節気の夏至に含まれ、72候では末候の半夏生(はんげしょうず):からすびしゃくが生え始めるころに当ります。このからすびしゃく*はサトイモ科で、今回ご紹介するのは草本の半夏生(はんげしょう)です。

≪半夏生(はんげし...

2018年 6月の花 <擬宝珠(ぎぼうし)>

清々しい天候に恵まれたゴールデンウィークも終わり、6月になりました。過ごしやすい春から初夏はあっという間にすぎてしまい、次は灼熱の太陽を楽しみに変えなくてはいけません。今年の夏こそは老体にムチ打って謳歌しよう!と思っているとその時々の気候に応じるように木花や草花が目を楽しませてくれます。

四季折々の美しさを感じられる喜びは我々に与えられている幸せですから、しっかりと満喫しましょう。そうすることで季節の移り行きで見る物が変化します。6月にもなるといよいよ水辺が恋しくもなり、照りつける日差しの中...

2018年5月の花 <文目(あやめ)>

過ぎ行く季節があまりにも早く、今年もすでに1年の3分の1が過ぎてしまいました。今年は例年に比べて気候と季節の移り行きが少々ずれている気がしますが、毎年「特に今年は!」と思っているような気もします。

近所である長岡天神の霧島躑躅(きりしまつつじ)は美しく、知る人ぞ知る場所です。昔の季節感なのでしょうか、5月の連休に咲き誇ると思い込んでいるところがあるのですがここ最近は連休の時期では遅すぎるくらいです。南面は咲き終わり、北面は盛りを過ぎ始めています。今年は4月の下旬に散歩に出掛けてみましたが、すでに花...

2018年4月の花 <連翹(れんぎょう)>

心機一転全てが新しく、これからの夢を感じる事の出来るまさに年度初めの月が4月です。4月には、和名で卯月(うづき)や卯花月(うのはなづき)、花残月(はなのこりづき)、得鳥羽月(えとりはづき)などがあり、漢名には、純陽や仲呂、余月、之月、陰月、麦秋月、麦候、正陽、清和月、孟夏、初夏、首夏、維夏などがあります。これらの他にも夏初月(なつはづき)、乾月(けんげつ)、建巳月(けんしげつ)、木葉採月(このはとりづき)、鎮月(ちんげつ)等があります。

1年の4番目の月であることから12支の4番目の「卯」があ...

2018年3月の花 <菜の花と雪柳> 

 2月の立春を迎えると、春の兆しを感じながら春の野菜でもある「菜の花」の言葉を聞くことが多くなります。そして、セイヨウアブラナの畑一面黄色の暖かい景色を思い浮かべますが、春野菜の天麩羅が頭をよぎり、菜の花、蕗の薹、こごみ(シダの仲間のクサソテツの新芽)、タラの芽等々の食材が舌を楽しませてくれます。木の実や春を告げる美味しい食材はアクの多いものが多いため、前処理のアク抜きが必須です。だから天麩羅なのかもしれませんね!

≪菜の花≫

菜の花や月は東に日は西に(与謝蕪村)

菜の花は、江戸時代から俳句などにも詠...

Please reload

Recent Posts

January 23, 2019

Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square